正規代理店と並行輸入店の違い difference

正規代理店並行輸入店違いご存知ですか?

輸入製品の購入をお考えであれば、正規代理店と並行輸入店を比較し、その性質の違いを知っておくことが大切です。同じ製品を購入しても、正規代理店と並行輸入店ではその後のフォローに大きな違いが出てくるのです。

正規代理店・並行輸入店とは

 正規代理店  (株式会社ジャパンコーラー認定)
メーカーと直接輸入代理店契約を結んでいます。サティフィケーションカードが発行され、製品に1年間保証が付いているため、問題が発生したときの処理がスムーズです。また、全国にKOHLER社正規ディーラーを置いているだけでなく、部品の調達もメーカーから直接行っているため、その後のメンテナンスにも素早く対応できます。
 並行輸入店
メーカーと直接販売代理店契約を結ばず、輸入した製品を販売しています。ユーザーが比較的安く製品を手に入れられるというメリットがありますが、保証が得られません。また、製品知識に乏しいことが多く、専門的に施工できる業者をかかえていないため、購入後のアフターケアを行っていないことがあります。行っている場合でも、施工品質のレベルが低い場合もあります。

製品知識の違い、保証やアフターフォローがポイントです!

正規代理店と並行輸入店の大きな違いは、保証やアフターメンテナンスがあるかどうかです。また、製品を熟知しているか、取り付け時の施工がしっかりしているかといったポイントも重要になります。

正規代理店から購入するメリット
  1. 保証書(サティフィケーションカード)が付いている
  2. 施工の品質が高い
  3. アフターフォローが付いている
  4. 修理の相談もOK
製品知識の違い、保証やアフターフォローがポイントです!

並行輸入店の場合、売り切りですので、いわば「売れれば後は知らない」という販売方法をとっており、正規代理店のようなメリットがありません。「数千円安いという理由で他業者に依頼したけれど、施工不備があり二度手間になった」というお客様の声は少なくありません。

せっかく頼むなら正規代理店へ!

せっかく頼むなら正規代理店へ!

円高の影響を受け、輸入製品は以前よりお手頃な価格で手に入るようになってきています。とはいえ、水廻り製品などの住宅設備は安い買い物ではありません。せっかく購入されるなら、アフターフォローもしっかりした正規代理店をご利用いただき、毎日快適にお使いいただきたいもの。特に、輸入製品は施工やメンテナンスに特殊な技術や知識が必要です。後々のご相談などを含めて安心してお使いいただくには、正規代理店からの購入がおすすめです。

ネオグラフィティは、アメリカの水廻り製品トップメーカーKOHLER社の正規代理店「株式会社ジャパンコーラー」から認定された正規ディーラーです。

※正規ディーラーとは
正規ディーラーは製品を正規代理店から買取り販売をしています。メーカーから認定を受け、製品のアドバイス、販売、施工、メンテナンスまでトータルで対応できるスペシャリストが在籍しています。
せっかく頼むなら正規代理店へ!

丁寧かつ確実な施工をご信頼いただき、株式会社ジャパンコーラー様からモデルルームの施工なども承っております。ノウハウを培い、時間短縮手順を確立しているため、特殊な作業でも手早く対応させていただきます。KOHLER社製品をお求めの方、修理・メンテナンスをご希望の方は、ぜひ当社へご依頼ください。

代表深山の灼熱ブログ
石井卓巳の情熱ブログ

 

対応エリア

対応エリア

首都圏を中心としたエリアに対応

ネオグラフィティオフィシャルサイト



主要取り扱いメーカー

KOHLER
GROHE
AMERICANSTANDARD
HANSGROHE